大阪府吹田市の交番で拳銃強奪事件!犯人は逮捕されたが実弾が使用か

6月16日大阪府吹田市の千里山交番前で午前5時半ごろ、警察官が男に襲われ、拳銃を奪われました。

事件の概要・犯人の顔・実弾の仕様について、紹介したいと思います。

こんな凶悪なことをした動機はなんだったのでしょうか・・

市内の公共施設は全館閉館になり、行事などもすべて中止に。

大学などでもオープンキャンパスの中止が発表。

各所に影響が出ましたが、17日の早朝に身柄が確保されました。

G20前の凶悪事件に周囲では不安の声が高まっています。

 

事件の概要

発生場所:大阪府警吹田警察署千里山交番前

日時  :6月16日午前5時30分頃

交番の場所はこちら

事件概要

地域課の古瀬鈴之佑巡査(26)が胸など複数箇所を刺され、5発の実弾が入った拳銃を奪われました。

古瀬巡査は意識不明の重体となってしまいました。

すぐさま大阪府警はツイッターで犯人の顔画像を公開し、情報提供を呼びかけを行う。

防犯カメラにはをうろつく不審な男が映っていた。

その後男は豊中市の電鉄緑地公園駅付近でも確認され、吹田市内のショッピングモールにも表れていたと府警が発表してます。

 

犯人はだれ?その顔は

犯行に及んだのは飯森 裕次郎容疑者(33)。

住所不定、職業不詳です。

容疑は強盗殺人未遂容疑。

犯行当時は黒っぽいジャンパーを着用していたが、犯行後ショッピングセンターで服を購入し、赤いジャンパーへと着替えもしていた。

犯行直前に空き巣被害のうその110番をしていたとのことで計画的に犯行に及んでいました。

飯森容疑者は生まれは神奈川県ですが、育ちは大阪です。

大阪府内の中学校から公立高校に進み、東京の大学に進学したとのこと

飯森容疑者の父親から警察に、息子ではないだろうかと通報もはいっていたとのことです。

通報した父親は在阪メディア役員です。

 

逮捕までの経緯

飯森容疑者は犯行後どのような行動をとっていたのでしょうか

1、ショッピングモールで服を購入

  (手が血だらけの人が買い物をしていたと通報されました)

2、電車で北千里へと移動

  (阪急千里線で北上)

3、徒歩で箕面市の山中に移動したとみられる

4、17日早朝、大阪府箕面市の山中で発見

  (逮捕時にはベンチで寝ていたようで抵抗はしなかったとのこと)

逮捕時に拳銃を所持しており、強奪時に拳銃には弾が5発入っていたが、逮捕時には4発しか入っていなかった。

 

犯行の動機は?

府警で取り調べを行っていますがそこで本人は

私はやっていない。病気がひどくなったせいで周りの人がひどくなったせいです

と供述。容疑を否認しているとのこと。

動機どころかやってないと言っているようで、とんでもないことですね。

その他の供述はまだ出てきていないようです。

逮捕時、現金約10万円を所持していたとのこと。

 

実弾は使われたのか?

逮捕時に飯森容疑者の奪った拳銃には、5発入っているはずの銃弾が5発しか入っていませんでした。

という事は、拳銃から1発外して捨てたかどこかで発砲したことになります。

この件に関しては、本人からは供述が出ていません。

飯森容疑者が発表したことにより、負傷を負った人もいません。

1発だけ捨てるというのは考えにくいので、今のところは山に入った段階で山のどこかで発砲したのではないか!

という説が有力になっています。

 

事件後の周囲への影響

①G20サミットが行われる大阪という事で緊張が走った。

大阪府警の石田本部長は取材に応じ「拳銃を奪取されたのは極めて残念だ」と述べました。

6月28、29日に大阪市で開かれる20カ国・地域首脳会議が目前に迫る中での凶行だけに苦渋の表情を浮かべた。

②地域住民への不安

吹田市は全ての公共施設を閉館。

市教育委員会は市立中学校で部活動を取りやめ。

市教委は容疑者が17日午前7時の時点で確保されていない場合、市立小中学校54校全てについて自宅待機で、9時までに確保していなければ臨時休校と発表

③オープンキャンパスも中止

関西大は千里山キャンパスのオープンキャンパスや全ての課外活動を中止。

安全を優先に考え、外出を控えるようにと呼びかけた。

大阪学院大には来場した高校生らがいたため、職員らを駅に派遣して説明した。

千里金蘭大もオープンキャンパスと課外活動を中止

このようにこの事件による影響は、計り知れないものがありました。

事件の翌日に逮捕されましたが、もしつかまらなければ今でも外出に伴う影響は続いていたと思います。

 

まとめ

今回は16日に大阪府吹田市で起きました、拳銃を強奪するという凶悪事件の内容を紹介いたしました。

犯人の飯森容疑者の犯行後の足取り・そして動機。

地域への影響など大きな影響を与えましたが、逮捕されて皆さんほっとしていると思います。

本人は病気と言って認めていないようですが、これからいろいろなことがわかってくると思います。

絶対に許されないことです。

被害を受けた古瀬鈴之佑(こせ・すずのすけ)巡査は意識不明の重体とのことです。

一日も早い回復を祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です