冷蔵庫はアース線がいらない?付けなくても大丈夫。その理由とは

冷蔵庫にアース線があるものとないものがあると思いますが、アース線がなくても大丈夫なの?

と疑問に思う人もいると思います。

今回は家電についているアース線の役割と実際なくても問題はないのかを検証してみたいと思います。

この記事をみて今後家電を設置する際に役立ててください

新規で買う場合は業者がしてくれますが、人から買った・引っ越しの時は自分でやらなければいけないこともあるかと思いますので。

アース線の役割とは

アース線の役割は地面に埋めている金属棒と接続して、電気を地面に流すために使用する線のことです。

そしてこの接続をすることを「アースをとる」と言います。

ではなぜアースを取らないといけないのでしょう?

一言で言いますと

漏電が発生した際、感電を防止するためです。

漏電とは家電製品を長く使っていると部品が劣化していきます。

そうした時に本来は流れないはずの場所に電気が流れてしますことがあります。

電気が漏れてしまうので漏電です。

水回りの近くに置いている家電(洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ)などで発生する可能性があります。

漏電は水回り付近で危険が高い

これは水が関係します、機械が水に触れれば劣化する速度はまちまちですが、少しずつ劣化していきます。

その過程で部品等も劣化していきます(単純に年数で劣化もしますが)

水は電気を通すので、漏電したときは水をつたって電気が流れていくので危険が増します。

水回りの家電にアース線がついているのはこのためです。

漏電するとなぜ感電するのか?

電気がもれているので、その状態はむき出しで電気が出ているのと同じことです。

目で確認でませんので、冷蔵庫のしたに水がでてて拭こうとしたらその水を伝って電気が漏電してて感電した。

あまりない事例ですが、そうゆうことを想定してアースはあります。

アース線の役目

アース線の役目は

漏電したときに電気を大地に流す

電気は抵抗がより少ない方へ流れていくため、人の体と大地ならば大地の方へ流れていきます。

アース線は漏電が起きた場合に、人体が感電しないようにするための処置です。

冷蔵庫にアース線はいらないのか

結論からいいますと

「つけたほうがいい」

・・・・・

どっちだよ!!

という、つっこみが聞こえました。

冷蔵庫のアースは設置場所でつけなくてもいい場合があり、通常キッチンに1台の場合がこれにあたるので「つけたほうがいい」になりました。

アース線の接続義務は、水回りや湿気のあるところには必ず設置するとなっています。

ですが冷蔵庫の置く場所が水から離れてきているのと、技術革新によって冷蔵庫自体の作りがよくなっているため製造メーカーでも「つけたほうがいい」いうニュアンスになってきています。

ではアース接続しなければいけない状況は

  1. キッチンでも水が掛かる可能性がある。
  2. 土間・地下室など湿気がたまりやすい場所にある
  3. 外においてある。

以上の所に置く場合は必要です。

とにかく湿気と水分がかかる可能性がある場合は接続したほうがいいですが、通常のキッチンに置いておく分には取らなくても大丈夫です。

洗濯機はアース接続が必須なので勘違いしないでくださいね。

アース線の接続方法

では実際にアース線を接続する際の手順を解説いたします。

基本は設置した時の業者に頼むことになると思いますが、人から譲り受けたりリサイクルショップで買った時はやってくれないかもしれません。

そんな時でも自分で出来ると役に立ちます。

①アースを接続できる場所を探す。

基本洗濯機を置くであろう場所にはついています。すでに洗濯機があれば、接続されていると思います。

大体がこのようなコンセントの下にアース用の端子がついている形をしています。

一軒家であれば、数か所あると思いますし、マンションでも何個かはあると思います。

②冷蔵庫側のコンセントは形状を確認

上記2つのどちらかの形状が多いと思います。

コードと一体化しているか、コードの先にジョイントするタイプかです。

最近の冷蔵庫はアース取らないタイプがあるので、ジョイントタイプで場所によって使い分けれるタイプが多いと思います。

どちらもアース線が伸びています。これは先ほどのアース付のコンセントにつけれる位の長さになっています。

つけ方の手順は

  1. コンセント下の蓋をあける
  2. ネジが出てくるので緩めてアース線を挟み込んでネジ締める
  3. コンセントにコネクタをさす
  4. そのうえからコードをさしこむ

ジョイントの説明でしたがコンセントから直接出ている時は、アースをつけてからそのまま差し込むだけです。

③アース付コンセントがない場合

アース付コンセントが全然ないときもあります。

その場合はアース線を新たに引くしかありません。

*間違えても下に潜っているからと言って、水道管・ガス管につけてはダメですよ。

一番近いアースの端子から冷蔵庫までの距離をはかり電線を購入。

大きめのホームセンターなら売ってます。線種は【IV線の緑】です。

こんな感じの線です。太さは5.5sq位でいいと思います。

このIV線とコードから出ている線を接続します。

その接続には平型の端子を使います。

子の端子を一対で購入します(ホームセンター)

これをケーブルに圧着させるには

このようなペンチを使い圧着します。

コンセントのアース側の方は

このような挟み込める端子を取り付けます。

取り付けたらアースのネジに挟み込みます。

もしすでに使用しているものがあればダブルではさみこんで構いません。

IV線は配線モールで隠しておけばいいと思います。100円ショップでも売ってますので。

コンセントを抜きたいときアースは?

節電の為にコンセントを抜く事もあると思いますが、

アース線は外さないでコンセントを抜いても大丈夫です。

あくまでアースは余計な電気を逃がすためにあるだけですので、つけておいても問題ありません。

場所を変える時にはアース線も外しますが、

電線が見えている部分や端子にはビニールテープを巻いて保護しておくといいです。

まとめ

冷蔵庫のアース線をつけなくてもいい理由と、

実際にアース線をつなぐときの手順とアース線の役割について紹介しました。

まとめると、基本購入したときにアースの線がついているものはつけた方がいいです。

でも湿気がこもらなく、水が掛からない場所にはつけなくていいという事です。

これは他の家電でもいえますので、置く場所の環境で決めてください。

漏電対策は人体を守るためにも必要ですが、火災の防止にもつながりますのでしっかりと確認しましょう。

特に古いものを使っている人はもう一度点検しておいたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です