日本一小さい道の駅がついに決定!全国小さい道の駅ベスト3はこれだ

日本一小さい道の駅がついに決定しました。

これまでなぜ確定出来なかったのかも合わせて、今回判明した小さい道の駅ベスト3を紹介します。

日本一小さい道の駅だとアピールしていた道の駅は4か所ほどあります。

今まで確定してなかったのでそれぞれが主張してもわからない状態でした。

これからは1番に輝いた道の駅が堂々と日本一を名乗れると思います。

なぜ今まで確定出来なかったのか?

日本一小さい駅と自負していた北海道にある「道の駅江差」にテレビの取材が入りました。

そこで日本一というのは本当なのか尋ねたところ『たぶん』とのことでした。

どうゆうことかというと

道の駅の担当の方も、国土交通省に問い合わせたがわからないとのことでした。

ではなぜわからなかったのでしょうか?

それは一番小さいの基準があいまいだったからです。

道の駅の駅の基準24時間利用できるトイレと駐車場があること。

この2つを合わせての小さいなのか、販売所も含めての小さいなのか?

これは国で判断することじゃないので「わからない」という回答になったんだと思います。

なので誰も真剣に調べようとしてなかったというのが実態です。

自分の所が一番小さいと思えば小さいを名乗っていたという感じのようです。

どのような方法で決定出来たのか?

先ほどテレビ局が取材に行ったと言いましたが、

日本一の確証が現地で得られなかったので、テレビ局の方で調べようという事になったのです。

その調査をしたのが北海道のテレビ局STVです。

その方法ですが

  1. 判定基準を道の駅にある建物の建築面積(トイレ・販売所)とした。
  2. 日本にある道の駅1195駅の上空写真を縮尺を合わせて並べ比べる。
  3. 道の駅江差と同等程度の道の駅をピップアップする。
  4. ピックアップしたら現地に行って調査する。
  5. 図面等がない場合は専門家に測量してもらう。

以上の方法で3つの道の駅がピックアップされました。

選出された道の駅には現地に行って調査する。

対象となった道の駅は

  1. 道の駅 ちはやあかさか (大阪府)
  2. 道の駅 瀧之拝太郎 (和歌山県)
  3. 道の駅 大日岳 (岐阜県)

の3駅です。

この後ベスト3と面積をあわせて発表しようと思います。

日本で小さい道の駅ベスト3

テレビ局の方が現地に取材に行き、実際に確認して結果を出しました。

その順位がこちらです。

第1位 道の駅 江差

道の駅 江差が日本一小さい道の駅に決定しました。

道の駅江差は北海道檜山郡江差町にあります。

日本海に面しています。

これからは日本一名乗れますね。

建築面積は87.36㎡

面積に変更はありませんが売店は改装中との事です。

第2位 道の駅 瀧之拝太郎(たきのはいたろう)

和歌山県古座川町小川にある道の駅です。

建築面積は103.27㎡

堂々の第2位です。トイレはさほど変わりませんが売店が江差より少し大きかったですね。

第3位 道の駅 ちはやあかさか

大阪府千早赤阪村二河原辺にある道の駅です。

建築面積は135.64㎡

建物自体は江差より小さかったのですが、駐車場の奥に新しくトイレが建設されてその分が入り結果3位となってしまいました。

トイレと売店が離れているのでとても小さく見えますね。

ここは建築図面がなかったので一級建築士の方がきて、測量して面積を出していました。

今まではこの道の駅が日本一小さいと言われていました。

番外 道の駅 大日岳

一応ピックアップして調査していましたので大きさ載せておきます。

建築面積は244.25㎡

以上の結果で道の駅 江差が日本一小さい道の駅に認定されました。

気になる日本一大きい道の駅はこちら

まとめ

今回は日本一小さい道の駅が決定しましたので選考方法とベスト3を紹介しました。

これからはこれをネタにお土産が出てくるかもしれませんね。

自分もとても気になっていたのでなんかすっきりした気分です。

話のネタにもなりますので是非出かけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です